Oloderバージョンtestlinkダウンロード

2 発表概要 TestLinkの活用事例&機能概要 – 活用事例としてTest Task Forceの活動を報告 【TestLink】 ・オープンソースのテスト管理ツール ・後ほど詳しく説明 【Test Task Force】 ・TestLink自体のテストを行う ・世界中から募集された

XAMPP Lite 1.6.3a TestLink日本語版Ver0.03 Mantis Ver1.0.3 約58MB 使用方法 ダウンロードファイルを解凍しドライブの直下に\xamppliteを作成して入れる(例 c:\xamppliteとかf:\xampplite) 2008/05/09

2008/05/09

2011/12/11 TestLinkはPHPで作成されたオープンソースのWebベーステスト管理システムである。TestLink単体でも動作可能だが、MantisやJIRA、Bugzilla,Trac,Redmine、FogBugzなどのバグトラッキングシステムと連携可能である。バージョン1.7.0 2012/11/25 例: {{testlink(result, 6)}} {{testlink(result, 6, f)}} ファイルダウンロード用リンクマクロ(testfile) testfile マクロは MS Word 形式などでの出力ファイルへのリンクです。(TestLink 1.8 以上) Wiki 編集画面で次のように記述します。 {{testfile バージョンの確認方法: LAPLINK を起動し、「ヘルプ」メニューから「バージョン情報」を選択してください。 アップデート方法: ダウンロードページからアップデートファイルをダウンロードしてください。

TestLink日本語化プロジェクトに参加している川西です。TestLinkに関する投稿ありがとうございます! TestLinkの日本語の情報はまだまだ少ないので、役に立つTipsを書いていただいて嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

Windows Loader, 無料ダウンロード。. Windows Loader 2.2.2: Windows ローダーは、シンプル、小型で使いやすいツールです。それをクリックするだけであなたの windows 7 をアクティブにできます。よりひびの入ったソフトウェア、keygens 2009/10/23 2001/09/10 2010/01/08 このページで対象としているTestLinkのバージョンは1.7.4です!TestLinkが必要とする環境を準備する TestLink用のユーザを作っておく ~$ sudo useradd -c testlink -d /home/testlink -s /bin/bash testlink ~$ sudo passwd testlink ~$ sudo cp 2012/12/24

概要 このドキュメントは、TestLink1.7系からTestLink1.9にバージョンアップした際の違いについて記述する。 一般的なTestLinkの説明については下記を参照 脱Excel! TestLinkでアジャイルにテストをする (1/6) WindowのXAMPPにインストールした場合の問題 Window7のXAMPP1.8.3にTestLink1.9.10を導入した場合、下記の

ついに、TestLinkの新バージョン。TestLink 1.8.1がリリースされました。 先行してリリースされた1.8.0はマルチバイト関連の対応を行う前のパッケージでしたが、今回は、それらの問題が解決され、まさに1.8系の正式リリースとなります。 TestLink 1.7.4は1.7.3のバグフィクスリリースとなっています。TestLink 1.7.4は以下からダウンロードすることができます。 バージョンが1.7.xや1.8.xだったら、ここでTestlinkを立ち上げ、ブラウザでアクセスするとインストーラがやってくれる。 らしいですが、今回は同じメジャーバージョンからのアップグレードなので、DBの更新が必要です。 テストプロジェクトはTestLink バージョン1.6 以前にプロダクトと呼ばれていたものに対応します。 TestLink のユーザには、TestLink の機能を使用して定義された役割が与えられます。詳しくはユーザ管理の章 をご参照ください。 TestLinkはテスト管理システムの1つです。以前から気になっていたけど、やっと導入したので、その時のインストール手順とお奨めチューニングを記載します。

TestLink の 1.8 以降ではテスト結果へのリンクが張れます。 60 テスト結果へのリンクは前節 *testlink* マクロでリンク対象にテスト結果の識別名を指定します。 Windows10、7、Mac XにCentOSをインストールするには、VirtualBox仮想環境上にインストールが簡単です。本記事ではVirtualBoxで仮想環境を作成して、CentOSをインストールする手順を、詳しく解説します。 どうせならTestLinkのバージョンが1.8に上がった後にやればよかった。今日正式リリースされているみたいなんですよね。 あと、ぶっちゃけBacklogとTestLinkのユーザ層ってあんまりかぶってなさそう。中の人も言っているように、Backlogはライトユーザが簡易に vagrant_2.2.9; vagrant_2.2.8; vagrant_2.2.7; vagrant_2.2.6; vagrant_2.2.5; vagrant_2.2.4; vagrant_2.2.3; vagrant_2.2.2; vagrant_2.2.1; vagrant_2.2.0; vagrant_2.1.5 TestLink の 1.8 以降ではテスト結果へのリンクが張れます。 60 テスト結果へのリンクは前節 *testlink* マクロでリンク対象にテスト結果の識別名を指定します。 インストール先OS:Windows 7 32bit Bitnamiのバージョン:bitnami-redmine-2.6.1-0 (ファイル名:bitnami-redmine-2.6.1-0-windows-installer.exe) Bitnami Redmineの入手. 早速、Bitnami Redmineをダウンロードします。 こちらのページからダウンロードすることが可能です。

vagrant_2.2.9; vagrant_2.2.8; vagrant_2.2.7; vagrant_2.2.6; vagrant_2.2.5; vagrant_2.2.4; vagrant_2.2.3; vagrant_2.2.2; vagrant_2.2.1; vagrant_2.2.0; vagrant_2.1.5 TestLink の 1.8 以降ではテスト結果へのリンクが張れます。 60 テスト結果へのリンクは前節 *testlink* マクロでリンク対象にテスト結果の識別名を指定します。 インストール先OS:Windows 7 32bit Bitnamiのバージョン:bitnami-redmine-2.6.1-0 (ファイル名:bitnami-redmine-2.6.1-0-windows-installer.exe) Bitnami Redmineの入手. 早速、Bitnami Redmineをダウンロードします。 こちらのページからダウンロードすることが可能です。 最近、私が TestLink を使わなくなったので、開発を引き継いでくれる人を募集しています。 46: TestLink 1.9 対応の要望が上がっているのですが、 私が TestLink 1.9 を上手く立ち上げられないので、 できたら TestLink に詳しい方に引き継いでもらえたらと思います Bitnamiスタックに用意されている環境だけでTestlinkが使えるように設定する方法の紹介です。 独自にDBとWebサービスを構築された方は含みません。 【設置した環境】 OS: Ubuntu 15.10 日本語版 バージョン:.. Bitnami Redmine Stack Installers Bitnami native installers automate the setup of a Bitnami application stack on Windows, Mac OS and Linux. Each installer includes all of the software necessary to run out of the box (the stack). Pleiades All in Oneの概要からダウンロードとインストールまで注意点と手順のまとめ。便利で簡単だけれども解凍だけは要注意。

Redmineは6ヶ月ごとに新しいバージョンがリリースされており、リリース版はたいへん実用的でかつ安定しています。 リポジトリのtrunkからチェックアウトした開発版の利用は、Ruby on Railsに精通し、かつ最新の開発に追従する必要がない限りは おすすめしませ

Pleiades All in Oneの概要からダウンロードとインストールまで注意点と手順のまとめ。便利で簡単だけれども解凍だけは要注意。 ついに、TestLinkの新バージョン。TestLink 1.8.1がリリースされました。 先行してリリースされた1.8.0はマルチバイト関連の対応を行う前のパッケージでしたが、今回は、それらの問題が解決され、まさに1.8系の正式リリースとなります。 3.2 バージョン6.3を日本語化する手順 (1)ダウンロードしたファイルを解凍します。 先ほどダウンロードした「mysql-workbench-gpl_5.2.34_ja6.tar.gz」を、次のように合計4回解凍します。 前回は、1000人のエンジニアがRedmineを使い出すまでの事例を紹介させていただきました。今回は、Redmineの使い方や、大規模に変化してくRedmineの運用について、2年間の運用や改善から得たナレッジや、気がついたことをまとめていこうと思います。 過去のバージョンは公式ページにないため、公式ページで紹介されている日本の大学のページから、過去のバージョンをダウンロードしてきました。(urlから推測すると会津大学さんなのかな?) 以上で、前置きとインストールしたものの紹介を終わります。